代替テキスト
惜しまれつつ連載終了した『チェンソーマン

12月7日、日本中の漫画ファンに衝撃が走った。「週刊少年ジャンプ」(集英社刊・以下、ジャンプ)で連載していた人気漫画『チェンソーマン』が、翌週発売号の同誌をもって連載終了することが発表されたのだ。『このマンガがすごい!2021』(宝島社刊)のオトコ編1位を獲得した矢先の発表だけに、SNS上では終了を惜しむ声が殺到した。

実は今年の「ジャンプ」では『チェンソーマン』同様、人気絶頂のタイミングで連載を終える漫画が続出している。5月の『鬼滅の刃』をはじめ、『ハイキュー!!』『約束のネバーランド』といったアニメ化もされた人気作品が、次々と終了。『チェンソーマン』も含めると、その数なんと4作品(14日、チェンソーマンアニメ化が決定した)。

18年に終了した『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』、19年の『食戟のソーマ』『火ノ丸相撲』と比較しても、その数は倍になる。こうした「ジャンプ」の“異変”について、自身も長年の「ジャンプ」愛読者であるドラマ評論家の成馬零一氏に話を聞いた。成馬氏は「4作品も変に引き延ばした印象はない」と前置きしたうえで、理由は複合的であるという。

「(連載を)引き延ばしてしまうと、作家が疲弊して、話も繰り返しのようになってしまう。それよりは終わらせるべきタイミングで終了させて、その作家の新連載を立ち上げるほうが作家の寿命を延ばすし、作品の評判もいいです」

また、アニメ化ゲーム化といった多角的な二次展開を見越した「ジャンプ」側の商業的な判断もあるという。

アニメや実写映画など映像化する際、原作が長尺すぎるものは避けられる傾向にあります。長編の作品を映画の尺に合わせたことで、原作ファンから不評を買うことも。5~10巻程度の尺の原作で、全26話のアニメ化を2期やるなどしたほうが原作者とファンがどちらも幸福になるわけです。

ジャンプ編集部も短いスパンで連載を終わらせて、アニメ化した方が評価と商業的ともに成功することがわかっているのだと思います。作者の意向に可能な限り沿いたいという意向があって、それが『鬼滅の刃』のヒットにもつながっているのでしょう。また、連載は終了したけど、『NARUTO』から派生した『BORUTO』のように別の登場人物のスピンオフを違う作者で描かせるといった、枝葉を伸ばすことも最近ではしていますよね」

人気作を次々終了させている「ジャンプ」だが、その契機は数年前にさかのぼる。14年に『NARUTO』(全72巻)、16年に『BLEACH』(全74巻)、18年には『銀魂』(全77巻)といった15年以上連載した長期作品が軒並み終了。その背景にはジャンプ編集部の“新人発掘”への思いがあると、成馬氏は分析する。

「長期連載のベテラン作家陣ばかりになってしまうと、誌面がどうしても保守化してしまいます。雑誌の新陳代謝ができていないと、新しい少年読者も入ってこれない。その辺に気づいたのが4年前あたりなのでしょう。そして16年に『鬼滅の刃』、18年に『呪術廻戦』と『チェンソーマン』が連載を開始して、去年から今年にかけて花開きました。

これはジャンプに限ったことではないのですが、新人が育っていないメディアが今、非常に多い。若い才能がフックアップされてヒット作を生み出し世代交代が起きることこそが文化的に豊かな状態です。最近のジャンプはそれを意識的におこなっている。

基本的には編集部の方針として、新人を育てたいということが昔からずっとあるわけです。今は、いい意味で“作品主義”に戻ったというか、ある種の“原点回帰”なのだと思います」

さらに、14年からスタートしたアプリウェブサイト「少年ジャンプ+」がここ数年で急成長。アプリダウンロード数は累計1,500万を越え、『SPY×FAMILY』や『怪獣8号』といった人気漫画が続々と登場している。強力な“社内ライバル”の存在も、「ジャンプ」本誌を押し上げているようだ。

ジャンプ+は、新人はもちろん、キャリアは長いがヒット作が出なかった作家に新しい作品を描かせてブレイクさせています。『怪獣8号』の作者・松本直也さんはジャンプ本誌で一度連載したのですが、ヒットが出なかった。画力はあるけど、たまたま時代にはまらなかった人たちを抑えていて、その人たちに連載を持ってきて、ヒットさせるという流れがジャンプ+にはあります。

そのいっぽうで、『チェンソーマン』の藤本タツキさんみたいな凄く新しい才能を発掘することもやっている(編集部注:藤本氏の初連載作品はジャンプ+内で16年からスタートした『ファイアパンチ』)。ジャンプ+は、間口を広くして自由に描かせることで、ジャンプ本誌のフォーマットから外れた作家たちを集めていますよね。そこでヒットした人がジャンプ本誌で連載を開始するといった、連携も成功している。恐らく、90年代くらいまでは編集部も読者アンケート以外信用していなかった節があります。ですが、最近は評価軸が、WEBでの反応やアニメ化後の展開も見ていて、全部合わせて利益を出そうとしている気がしますね」



(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 cdn.otamart.com)


彗星の如く消えるって事か?記憶には残らなそう。

<このニュースへのネットの反応>

マシリトの心残りがやっと片付いた感じか


ジャンプの原点回帰だと打ち切りや引き伸ばしなんですけどあと評判良かった読みきりを改悪して連載する


ましりと、って何すか?


BLEACHも長すぎて飽きたもんな


リアルで言ってるのかネタなのか分からないけど、マシリトはDrスランプに出た敵キャラで主人公千兵衛博士のライバルね。でもって、当時の鳥山先生の担当編集鳥嶋和彦氏がモデルw 鳥島氏はいろんな作品にモデルとなって出てる、ダイの大冒険ではもうすぐ出るマトリフ師匠も鳥島氏がモデル。バクマンではそのものズバリが出てました。


単純に引き延ばしするほどの旨味かクオリティが無いだけでしょ。


実在の人物なんですね。教えて下さって、ありがとうございました。鳥山先生は、ドラゴンボールですかね?。詳しく知らないので済みません。コロコロコミックを祖父に買ってもらってました。でんじゃらすじーさんしか覚えてませんがw。


×原点回帰〇引き伸ばしをやめたとはいうものの、引き伸ばしがなかったら、ドラゴンボールとか、ここまで人気の長寿コンテンツになったかどうかは分からない。引き伸ばしすることで、広がる世界もあると思う。


14年どころかもっと前からそういうの結構あったぞ。例えば2000年以降でもぬらりひょんの孫とかネウロとかバクマン。とか。それ以前でも多いし、一部の有名すぎる引き延ばし作品のせいでそういう印象あるけど、ジャンプもいうほど引き延ばしばっかじゃないよ。だから鬼滅の長さも特別でもなんでもない


チェーンソーマンとか昔なら月刊でしか掲載されてなさそうなタッチの作品が本誌に来て当たる時代になったのはいいことじゃないか?


藤本先生を発掘したのはプラスじゃなくてSQ.だけどな。「原点回帰」というなら、そもそもジャンプのスタート地点がマガジンサンデーに4年遅れたせいで大御所を取られていて新人発掘を柱にするしかなかったからこそ、新人を育成する雑誌にしたってのを書かないと。


>Foe  よく間違えられるけどチェンソーマンな


チェンソーは第2部をプラスでやるらしいけど


長い作品は飽きるもんなぁワンピースとかもう魅力何もないわ……グランドラインに入った後くらいで終わってもよかった