写真は、『このマンガがすごい!2021』(宝島社) 画像は、「このマンガがすごい!WEB」よりキャプチャ

 宝島社が毎年発行する漫画紹介本の最新版『このマンガがすごい! 2021』(宝島社)が、12月14日に発売された。今年のランキング1位には、オトコ編は『チェンソーマン』(藤本タツキ 著)、オンナ編は『女の園の星』(和山やま 著)が選ばれた。

写真は、『このマンガがすごい!2021』(宝島社) 画像は、「このマンガがすごい!WEB」よりキャプチャ

 オトコ編のランキング1位は、藤本タツキさんの『チェンソーマン』。借金まみれの少年デンジが残虐な悪魔に殺されたことをきっかけに、チェーンソーの悪魔のポチタと契約して"チェンソーマン"として蘇るところから始まるダークヒーロー漫画。12月14日発売の「週刊少年ジャンプ」(集英社)で第1部が最終回を迎えるとともに、テレビアニメ化が発表された。

 オンナ編のランキング1位は、和山やまさんの『女の園の星』。女子校の国語教師・星先生を主人公としたコメディ。生徒たちが学級日誌で繰り広げる絵しりとりに翻弄されたり、教室で犬のお世話をしたりするなど、女子校男性教師の「いい意味で最高にくだらない」日常を描くコメディ作品。

 ランキング全体の結果は、以下の通り。


オトコ編】
第1位『チェンソーマン藤本タツキ集英社
第2位『葬送のフリーレン』山田鐘人(原作)/アベツカサ(作画)/小学館
第3位『九龍ジェネリックロマンス』眉月じゅん集英社
第4位『水は海に向かって流れる』田島列島/講談社
第5位『竜女戦記』都留泰作/平凡社
第6位『ダンピアのおいしい冒険』トマトスープイースト・プレス
第7位『大ダーク』林田球/小学館
第8位『忍者と極道』近藤信輔/講談社
第9位『僕の心のヤバイやつ』桜井のりお秋田書店
第10位『ベルリンうわの空』香山哲/イースト・プレス


【オンナ編】
第1位『女の園の星』和山やま/祥伝社
第2位『後ハッピーマニア』安野モヨコ/祥伝社
第3位『薔薇はシュラバで生まれる―70年代少女漫画アシスタント奮闘記―』笹生那実,イースト・プレス
第4位『マイ・ブロークン・マリコ』平庫ワカ/KADOKAWA
第5位『カラオケ行こ!』和山やま/KADOKAWA
第6位『ミステリと言う勿れ』田村由美/小学館
第6位『わたしの幸せな結婚』顎木あくみ(原作)/高坂りと(漫画)/月岡月穂(キャラクター原案)/スクウェア・エニックス
第8位『かしこくて勇気ある子ども』山本美希/リイド社
第9位『消えた初恋』ひねくれ渡(原作)/アルコ(作画)/集英社
第10位『ゆびさきと恋々』森下suu,講談社



BOOKウォッチ編集部
「このマンガがすごい! 2021」ランキング発表! オトコ編、オンナ編それぞれ1位は?


(出典 news.nicovideo.jp)

チェンソーマン

<このニュースへのネットの反応>

チェンソーマン、グロい描写ありきのストーリーだけど大丈夫かな?どこまで表現できるか期待。鬼滅ほど人気出なければ叩かれることもないか。